リーフの乗り方⓪(プロローグ)

スポンサーリンク

リーフは「乗り物」ではなく、「生き物」だと思う

個人的な解釈ですが
リーフ(EV)という車は
「乗り物」というよりは「生き物(動物)」という感覚がしっくりきてます🏇笑

その
「生き物」とよぶ所以…

リーフは

温度(気温や体温)
 バッテリー温度が航続距離に大きく影響

地理(道の起伏)
 起伏の激しい山道や登りでは、航続距離が著しく低下

走り方(ドライバーや荷物)
 ・アクセルワーク
 ・荷物の積載量

ドライバーの扱い次第で航続距離が大きく変化

等々…
要因は様々ですが

環境や運用方法によって
コンディションが大きく左右されます!(笑)

上記の①~③を
我が身で妄想してみれば

温度
 寒すぎ、体がかじかんで思うように動けない ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 暑すぎ、これ熱中症気味じゃね ι(´Д`υ)アツィー

地理
 そりゃ…登りのダッシュはキツイっしょ (;´Д`)

走り方
 ・短距離走や駅伝じゃないんですよ!Σ(゚Д゚)
  フルマラソンで、スタートからそんな飛ばします⁉ (;゚Д゚)
  絶対バテるにきまっとるやんかーーーーー(ノД`)・゜・。

・まぁ、スプリントもできるけど…休まな次は無理ぜ _(:3 」∠)_

・重っも!しんど…  _( _´ω`)_ペショ

こんな感じですでしょうか(笑)

良く言えば、愛着が湧く?
悪く言えば、使えねぇ?

という感じだと思います(笑)

はっきり言って
人を選ぶ代物です! (>_<)b笑

じゃぁ
全く使えない代物なのかというと
そうではなく

ランニングコスト
走行距離が多い人ほど確実にメリットはあります。
(※インフラ環境等にもよります

結局
私が断言できるのは
使い方、使う人によっては、コスパ最強!
(※これ、何にでも当てはまるやつ(笑)
という
極端なことだけですが(笑)

この
リーフの乗り方
と題したカテゴリーでは

リーフを生き物(動物)と喩した
私なりの
リーフとの付き合い方を綴っていきたいと思います

もし
使えると思える内容があれば幸いです(^^)

コメント